グリーンネイルは病院にいかなくても自宅で治療できる市販薬があります

グリーンネイルは早めに治療しよう

グリーンネイルは、特にネイルアートを楽しむ方にとってはポピュラーな爪のトラブル。

でも、初期症状の場合それほど気にされる方は少なく、すぐに病院に行って治療しようと考える人は少ないようです。

患部が表面のみで、自分でそこを削りグリーンネイルが消えてしまう程度であればそれでも良いのですが、進度や部位によっては爪を削ることは現実的ではなく、また基本的に自然治癒はないため、最終的には病院のお世話になるしかありません。

一番悪いのは、グリーンネイルにかかっていることを分かっていながら、『たいしたことではない』と治療も通院もせず、それどころか患部を隠すためのスカルプネイルやジェルネイルを行うことです。

グリーンネイルは原因菌である緑膿菌が、それらの人工爪の下に入りこんだ水気に触れ繁殖し、自分の爪に巣食う病気です。人目から隠すことはできても根本的な解決にはならないのです。

グリーンネイルは命に関わる病気ではありませんが、放っておいても良くなることはなく、悪化すれば爪が変形し痛みに襲われたり、爪が完全に剥離してしまったりすることもあります。

ですから、早期治療がとても大事。悪化してしまうと治療にも時間がかかります。

グリーンネイル治療で病院は面倒

一番の解決方法は、少しでも爪が変色していることに気づいたらネイルアートは止め、すぐに治療をはじめることです。

グリーンネイルは病院に行って治すのが一番確実な方法ですが、気付いたときには繁殖が進んでしまっていたというグリーンネイルの場合、内服薬を処方されることもあります。

グリーンネイルで処方される内服薬は吐き気等の副作用が強く、続けられない人も多いお薬なのですが、正直なところグリーンネイルの症状でそんな重い薬なんて飲みたくありません。

症状が軽い場合、塗り薬を処方されることもあるでしょうが、グリーンネイルは治療に長い時間がかかるため通院が面倒です。

グリーンネイルは痛くも痒くもありませんから、つい日々の忙しさにかまけて通院を止めてしまう人も多いと言います。これでは治らないばかりか、ずるずると長い間グリーンネイルと付き合うことになって、じわじわと悪化していく心配もあります。

そのようなことを考えれば、グリーンネイルの治療は手軽に治療できるお薬を自宅においておくのが一番良いと思いませんか?

簡単に続けられる市販薬で確実に

グリーンネイルの治療は病院に行くのが理想ですが、治療や通院を続けられなければ意味がありません。内服薬は副作用の心配があるし、塗り薬は通院が面倒で治療が続なかいという方も多い。

そこで、自宅で手軽にグリーンネイルを治せる「 Dr.Gsクリアネイル 」の出番です。

Dr.Gsクリアネイルなら、グリーンネイルに確実に効果がありますし、浸透技術に優れた塗り薬ですから副作用の心配もありません。

ただし、Dr.Gsクリアネイルも続けなければ意味がありませんので、患部の爪が新しく生え変わるまではしっかりと塗り続けてください。

グリーンネイルは気付いた段階で適切な治療を行うことができれば、確実に治すことができる感染症なのですから、面倒臭がらずにさっそく治療をはじめましょう。放って置けば置くほど、いずれ治療は面倒なことになっていくものです。

グリーンネイルの原因や治療方法

  •  
  •  

グリーンネイルとは?

HOMEへ戻る
ページの先頭へ戻る